松山英樹選手のメジャー制覇の可能性について

神奈川県横浜市に住む58才の男性、還暦目前についでに会社もリタイアしました。
職種は貿易業なんで、およそ30年ほど勤めたんですが、体調を壊して2か月ほど長期入院して、これからの人生をどうすのか病院のベッドの上で考えていたら無性に辞めたくなって。
幸いに、病気の方もほぼ回復状態なので、辞表を提出して今にいたります。

 

 

ここんとこ、好きなゴルフ三昧の生活ですがいま日本人で世界に通用するのは松山秀樹選手だけになってしまいました。

 

今、世界のトップで活躍する日本人アスリートの中でも際立っているのが松山英樹選手です。ゴルフという世界では日本人は到底世界のトップに張ってないだろうといわれていた中、いまや今年のフェデックスポイント(アメリカツアーのポイント)で1位、さらに世界ランクも4位までのぼりつめています。ジャンボ尾崎や青木功、中島常幸など名だたる日本人がどうしてもアメリカのスポット参戦ではなかなか活躍できなかった中、若くしてアメリカツアーにその身をおき、いつの間にか本当にトップに立ってしまいました。

 
あとは、メジャー大会を制覇できるかどうかというのが焦点になりつつあります。そして、誰もが認めるとおり、いつその瞬間がやってきてもおかしくはありません。飛距離、アイアンの精度、アプローチの感覚、パッティング。どれをとっても世界トップクラスであることはいうまでもありません。何よりもそのメンタリティが世界の選手たちと並んでも逆に勝っているのではないかと思うほどの強さ。

 

 

 
松山選手を見ていて思うのは何といっても、そのメンタルの強さ、というよりか動じないところかと思います。同じ年の石川選手は恐らく同じようなレベル、もしくは松山選手よりも技術レベルが高い中でアメリカに挑戦して今のところ、主だった実績を上げられていません。それは体格の問題、スイングの問題などもあるかもしれませんが何よりもそのメンタル面で少し内弁慶だったのではないかと思うわけです。

そして、それは過去の日本人ゴルファーとも同じことであって、松山選手が異色だったはず。それが証拠に体格や飛距離ではアメリカの選手どころか日本でもなかなかトップになれなかった丸山選手がアメリカでは成功しました。これもひとえに環境になじむメンタルの強さがあったからです。

 

 

松山選手は今、25歳。ゴルフはそのピークの年齢がまだまだ続くスポーツです。いつ実現してもおかしくないメジャータイトル奪取に世界ランク1位の座。ここ数年の間にその実現を果たし、次の日本人ゴルファーへとそのマインドを請け付いていってほしいと願います。

 
蛇足ですが、100切りを果たした私をはじめとしたサラリーマンゴルファーにとっても松山選手の活躍は何よりも励みになりますし、テレビ観戦の最高のコンテンツとしても成立している次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です