人生は選択の連続。岐路に標識があれば、、、

長い人生の要所要所に岐路があります。私も様々な選択を繰り返しながら生きています。道路に案内標識や注意標識があるように、人生にも標識が欲しいですね。
飛び出し注意標識
工事現場・事業所や車両、船舶などで、安全の確保のために用いるのを安全標識と言います。

危険や事故などを防止するためにはなくてはならない物になります。種類が色や形、文字などで分かれていて、防火と禁止は赤と白、危険は黄赤、注意は、黄色と黒、救護は緑と白、放射線は赤紫と黄色など9.種類に分かれています。色と形を工業標準化法に基づいていて、この工業標準化法とは、国が鉱工業製品について種類、形式、形状、寸法などの合理化、を図るための法律になります。また、等級や成分、性能、耐久度など、試験や分析の方位法など建築物等の設計、安全条件の対象にもなります。カーブミラー

カーブミラーといって道路や交差点において、死角となる方向の道路を手前から目で見えるように設置されている補助的な安全対策のミラーは、道路法において道路付属物と規定されていて道路管理者などによって管理されています。

素材は鏡の部分はアクリル(メタクリル)樹脂、ステンレス、化学強化ガラス、ポリカーボネートの4種類などがあります。

道路の安全確保に欠かせないガードレールや電柱、交通標識、信号機を事故で壊したときに損害賠償が発生し、交通標識では約10万円から100万円など、高額の損害賠償を払うことになりますので、事故には注意して安全標識を守ることを心がけましょう。

キチンと目を向けて認識するだけでリスクはぐっと減るはずです。せっかくある標識を有効活用して、少しでもよい人生を!